2022.07.05

安全運転しないとこうなる 紫波で交通教室、スタントマン実演

車と自転車の事故を再現するスタントマン
車と自転車の事故を再現するスタントマン

 プロのスタントマンが自転車の交通事故を実演する交通安全教室が4日、紫波町日詰の紫波総合高(谷藤節雄校長、生徒223人)で開かれた。

 時速40キロの車が自転車にぶつかる状況を再現。事故の疑似体験による危険行為の防止が狙いで、県警といわて中央農協、共済連県本部が主催した。

 人が乗り上げ、窓ガラスが割れる映画さながらの光景に「危険性がはっきり分かった」と生徒たち。安全利用の広がりは、役者冥利(みょうり)に尽きるはず。