2022.07.04

頂で分かち合う喜び 岩手山山開き、本紙記者ルポ

ガスに包まれる山頂で滝沢、八幡平、雫石の3市町でピッケル交換を行った=岩手山
ガスに包まれる山頂で滝沢、八幡平、雫石の3市町でピッケル交換を行った=岩手山

 岩手山(2038メートル)が山開きされた1日、同僚と2人で登った。10回近く登っているが、山開きの日は初めて。大勢の客が行き交い、にぎやかな夏山を満喫した。

 朝6時、滝沢市の柳沢コースを出発。雨が降り、むせ返るような湿気に包まれる登山道を進んだ。雨が弱まると、小さな虫が顔の周りにまとわりつき、何度も手で振り払った。うっとうしいが「平常心、虫だって一生懸命生きてるんだ」と自分に言い聞かせる。

 霧で真っ白なお鉢では、吹き付ける強い風の中、カメラを構えて必死にシャッターを押した。気付けば山頂。それぞれの登山口から、雨にも負けず、頂へ歩みを進めた人たちが一堂に会し、喜びを分かち合った。

 (山村あゆ)

◇      ◇

 記事全文は、7月4日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞