御所小(堀切茂行校長、児童95人)の1、2年28人は1日、雫石町西安庭の同校体育館で七夕の飾り付けを行った。

 雫石商工会女性部(佐々木美由紀部長)の部員5人と一緒に作業。「保育園の先生になりたい」「コロナが終わりますように」などの願いが書かれた全校児童分の短冊と、吹き流しを真剣な表情でササに結んだ。作業後は「たなばたさま」を元気に歌った。

 同校を含む町内の全児童655人分の短冊を飾り付けた七夕飾りは、同町のよしゃれ通り商店街の街路灯に設置。10日の軽トラ市まで町中心部を彩る。