2022.07.04

学び、情報交流の新拠点 平泉「エピカ」オープン

明るく開放的な空間が広がるエピカ
明るく開放的な空間が広がるエピカ

 平泉町に1日、町学習交流施設「エピカ」がオープンした。図書館や公民館、多目的ホールを併設し、子育て支援機能などを備える。町民らのコミュニティーづくりや学び、情報交流を支える新たな拠点として、地域の活力やにぎわいを創出していく。

 施設は鉄骨造り2階建て、延べ床面積約1750平方メートル。約4万2千冊を収蔵する図書館、地域住民らが利用できる調理実習室や工作室、約300人を収容できる多目的ホール、授乳室などを整備した。

 公募で決まった愛称の「エピカ」は、イタリア語で叙情詩を意味する。

◇      ◇

 記事全文は、7月3日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞