2022.07.03

雄星、1カ月半ぶり白星 及川彩子さんのMLBリポート

レイズ戦に先発し、6回1失点で3勝目を挙げたブルージェイズ・菊池雄星=トロント(ゲッティ=共同)
レイズ戦に先発し、6回1失点で3勝目を挙げたブルージェイズ・菊池雄星=トロント(ゲッティ=共同)

 ブルージェイズ・菊池雄星(花巻東高)本来の力強い投球が戻ってきた。

 別人のようだった。

 「試合2日前のブルペンでいける手応えがあり、自信を持ってマウンドに上がった」

 初回から抜群の制球力で、スライダーや速球でカウントを取り、緩急のあるカットボールやチェンジアップで空振りを奪う。

 今季自己最長タイとなる6回80球を投げ、本塁打を含む被安打4、1失点と先発の役割を果たして降板した。

 変化の鍵はリリースポイントの修正にある。

 「腕がふれない試合が数試合続いていた。ビデオ、メモ、野球ノートを見返して気づいた点があり、それを1週間やってきた」

 腕を力強く振り、高めの位置からリリースすることで、制球力が高まった。

 今季自己最多となる8つの三振を記録。5回にウォールズから奪った8つ目の三振は大リーグ400個目の三振という記念すべきものとなった。

 捕手モレノが「コミュニケーションをしっかり取れた」と言うようにリードも噛み合った。

 テンポよく投げる菊池を守備も盛り立てた。

 6回に2者連続で安打を許し、無死1、2塁という場面で3塁チャップマンが的確な判断で併殺に。続く4番アロサレーナの難しいゴロを再びチャップマンがさばき3死を取ると、菊池も思わずガッツポーズ。

 「チャッピーは世界一のサード」と感謝した。

 5月16日のマリナーズ戦以来の3勝目となったが自身の勝ち星の喜びよりも、先発の責任を果たせたこと、苦しい時期を支えてくれたチームメイトへの感謝の気持ちを口にした。

 今日の試合の課題をあえて挙げるならば、4回に5番パレデスに甘く入った高めのスライダーを左本塁打にされた点。1点を争う試合で不用意な球をできる限り減らす努力も必要だ。

 「ふがいない投球が続いていた。本当に勝てて良かった」と安堵の表情を見せ、「再現性をを高めれば長いイニング投げられると思う」と次戦に向けて気を引き締めた。

 

仲間の励ましに感謝

 取材を終え、「ありがとうございました」と頭を下げると、気が緩んだのだろうか。菊池雄星は両手を上げ「やったー」と喜びを口にした。

 新天地での3勝目を支えてくれたのは、ブルージェイズの仲間達だった。

 厳しい結果が続き、肩を落とす菊池を彼らは励まし続けた。

「先発投手からアドバイスをもらったり、野手には食事に誘ってもらった」

 なかでも人一倍気遣ってくれたのは、クラブハウスや飛行機で近くの席の(昨季本塁打王の)ゲレロだ。

「落ち込んでいた時、ゲレロは飛行機の中でお酒を持ってきてくれて一緒に飲もうと言ってくれた」

 菊池は自らの仲間をこう表現する。

「1年間やっていると波がある中でチームの雰囲気は悪くならず、皆で助け合っている。毎試合、彼らのために頑張ろうという気持ちになる。今日は勝つ喜びをシェアできてほっとしている」

 仲間達とプレーオフに進むため、菊池の戦いは続く。

 

「こういう試合もっと」 一問一答

取材に応じる菊池雄星

-試合を振り返って
 試合2日前のブルペンでいける手応えがあった。自信を持ってマウンドに上がり、いい結果が出た。

-前回からの違い
 なぜか腕が振れない試合が続いていた。リリースポイントが低くなっていた。ビデオ、メモ、野球ノートを見返して気づいた部分があり、それを1週間やってきた。

-4球種全て良かった
 カットとスライダーを投げ分けた。今季、最初投げてないようにしたカットを、投手コーチと相談して投げようと。2種類あった方が絞りづらいと感じていたし、コーチもそう思っていた。(どの球種も)全てのボールが以前より使い方が変わった、理解した上で投げることができている。

-6月苦しんだ中での3勝目
 ここ3、4試合は早い回で降りることが多く、チーム、中継ぎに負担をかけている思いが強かった。6回を投げて、チームと勝つ喜びをシェアできてほっとしている。こういう試合をもっともっと作っていきたい。

-連戦の中で6回投げた
 チーム事情も感じているし、少しでも長いイニングをと思っていた。ここ最近、ふがいない投球が続いていた。(今日の投球で)今後いけるんじゃないか、と少しずつ掴めてきた点もある。

-通算400三振については
 何も知らずに投げていた。完成とバックスクリーンの表示で知った。すごくうれしい。これからも三振を取りたいなと言う気持ち。

及川 彩子(おいかわ・あやこ)さんPROFILE
及川彩子

 米ニューヨーク在住。陸上、サッカー、ゴルフなどを幅広く取材するフリーライター。45歳。北上市出身。

◇      ◇

 岩手日報本紙では、及川彩子さんの記事を一日早くお楽しみいただけます。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク