厚生労働省

 厚生労働省が29日発表した6月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0・03ポイント上昇の1・27倍となり、6カ月連続で改善した。訪日外国人観光客の受け入れ再開などで宿泊・飲食業を中心に求人が増え、求職者を上回ったことが要因。厚労省は「7月以降はコロナ感染拡大の影響が出る可能性がある」と警戒した。

 総務省が同日発表した6月の完全失業率(同)は前月と同じ2・6%で横ばい。

 有効求人倍率は求職者1人当たりの求人数を表す。新規求人を主要産業別で見ると、宿泊・飲食サービス業が前年同月比で30・9%増えるなど、コロナの影響を強く受けた産業で大幅な改善が見られた。