2022.07.29

南極の空を転がる太陽

午前10時23分から午後2時38分まで(右から)地平線近くを転がるように移動する太陽=27日、南極・昭和基地(10分間隔で撮影した写真27枚を比較明合成、左の日没のみ5分間隔)
午前10時23分から午後2時38分まで(右から)地平線近くを転がるように移動する太陽=27日、南極・昭和基地(10分間隔で撮影した写真27枚を比較明合成、左の日没のみ5分間隔)

 【昭和基地で国際部・菊池健生】第63次南極地域観測越冬隊(沢柿教伸=たかのぶ=隊長)が運営する昭和基地周辺は27日、久々の快晴となり、太陽が日の出から日没まで水平線近くを(右から)移動して見える「転がる太陽」が撮影できた。地軸の傾きに伴う高緯度地域特有の現象。同基地周辺は太陽が一日中昇らない「極夜(きょくや)」が13日に明けてから初めての快晴で、観測隊員の溝口玄真(げんま)さん(25)=名古屋大宇宙地球環境研究所、岐阜県大垣市出身=は「景色が立体的に見えてきれい」と太陽のまぶしさとありがたみを実感していた。

◇      ◇

 第63次南極観測越冬隊の活動は、岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク