アフガニスタン中部の世界遺産バーミヤン遺跡でイスラム主義組織タリバンの旧政権が2001年に破壊した大仏立像2体のうち東大仏から見つかった「胎内経」と「麻袋」が、昨年8月のタリバン復権直後に盗まれたことが29日、分かった。いずれも大仏建立の経緯解明につながる第一級資料。現在のタリバン暫定政権の情報文化省当局者ら、複数の関係者が共同通信に明らかにした。