奈良市で始まった全国知事会議=28日午前

 夏の全国知事会議が28日午前、奈良市で始まり、新型コロナウイルス対策を見直し、新たな基本的対処方針を示すよう求める緊急建議を決定した。流行「第7波」はオミクロン株の新たな派生型「BA・5」が原因となっており、現在の対処方針が実態に合わなくなっていると訴えている。

 会議では、出席した知事らが冒頭、奈良市で銃撃され死亡した安倍晋三元首相に黙とうをささげた。会長の平井伸治鳥取県知事は、あいさつで「今は未曽有の危機にある。新型コロナを抑え、経済も回さなければならない。難しいかじ取りが使命となっている」と述べた。