2022.07.28

剛速球にファンうなる 佐々木朗希、球宴日本選手最速タイ

オールスター第2戦に先発し1回3安打1失点だった全パ・佐々木朗希。最速162キロで日本選手の球宴最速に並んだ=松山
オールスター第2戦に先発し1回3安打1失点だった全パ・佐々木朗希。最速162キロで日本選手の球宴最速に並んだ=松山

 プロ野球ロッテの佐々木朗希投手(20)=大船渡高=が27日、松山市の松山中央公園野球場で行われたオールスター第2戦で、日本選手の球宴最速に並ぶ162キロを計測した。2014年に日本ハム時代の大谷翔平選手(エンゼルス)=花巻東高=が記録した数字に並び、球場を訪れたファンや本県ゆかりの指導者はうなった。

 先発のマウンドから一球一球、投じられるごとにスタンドはどよめき、大きな拍手が送られた。一回1死でウォーカー選手(巨人)に中前打を許した真っすぐで162キロを出した。松山市から訪れた40代の女性会社員は「どこまでスピードが上がっていくんだろうと見ていた。生で見ることができて良かった」と目を輝かせた。

 松山市に住む佐々木投手ファンの会社員、阿部峻大さん(30)はバックスクリーンに表示される球速を毎回確認したといい「やはりすごく速かった。いい思い出になった」とうれしそうに話した。

◇      ◇

 詳報は、7月28日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞