日本医師会の松本吉郎会長は27日の記者会見で、新型コロナウイルスの自主検査のために抗体の有無を調べる抗原検査キットを配るとした国の方針を巡り、医療現場でキットの量が不足しているとの認識を示した。「現場には不足感が非常に強い」と語った。感染拡大で発熱外来などは診療が逼迫し、国は軽症とみられる人に自分で抗原検査をしてもらう方法導入を表明。松本氏は記者会見で「国は検査キットの十分な量があると説明するが、実際にどこにどのような状況であるかはつまびらかにされていない」と指摘した。