相模原市の「津久井やまゆり園」で開かれた追悼式。中央は神奈川県の黒岩祐治知事=26日午前

 2016年7月に相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら45人が殺傷された事件は、26日で発生から6年となった。再建された園内の追悼式で遺族らが、亡くなった19人に黙とうした。施設の前にある「鎮魂のモニュメント」には花束が手向けられた。

 19人のうち、娘美帆さん=当時(19)=の名前を公表した母親は、26日までの取材に「19人の命を無駄にしない。悲しい事件が二度と起こらないよう、障害者への差別や偏見をなくす活動をしたい。誰もが安心して生きていける、優しい社会に近づけたい」と語った。