政府は26日、東京電力福島第1原発事故による帰還困難区域のうち、福島県双葉町の特定復興再生拠点区域(復興拠点)での避難指示を8月30日午前0時に解除すると正式に決めた。第1原発5、6号機が立地し、全住民の避難が続く同町で、11年5カ月ぶりに居住できるようになる。

 原子力災害対策本部の持ち回り会合で決定。解除されるのは、JR常磐線双葉駅を中心とした5・55平方キロ。国費で除染とインフラ整備が進められ、放射線量が低下したため住民の準備宿泊が行われてきた。町は2030年ごろの居住者を、原発事故前の3割弱の2千人とする目標を掲げる。