第46回盛岡・北上川ゴムボート川下り大会(実行委主催)は24日、3年ぶりに盛岡市内で開かれた。県内外から2人一組の計776人が参加し、晴天の下、四十四田ダムから南大橋付近まで約11キロの自然豊かなコースを満喫した。

 新型コロナウイルス感染症対策のためフリーレースは中止し、タイムレースのみ開催。午前9時から10分置きに30艇ずつ計388艇がスタートを切り、色とりどりのボートが川に映えた。参加者はあうんの呼吸でオールを動かし、巧みに流れをつかんでスピードに乗り、ゴールを目指した。

 難所とされる北大橋、明治橋付近では転覆するボートもあり、参加者同士で持ち物を拾うなど協力する場面も。レース終了後は、晴れやかな表情で記念撮影などをしながら、思い思いに体験を振り返った。