映画「砂の器」や米国のドラマ「将軍 SHOGUN」などで知られる俳優の島田陽子さんが25日午後0時27分、病気のため東京都渋谷区の病院で死去した。69歳。熊本市出身。

 1971年、ドラマ「続・氷点」のヒロイン役で注目を集め、市川崑監督の「犬神家の一族」、野村芳太郎監督の「砂の器」などの映画に出演し、人気を博した。80年には米ドラマシリーズ「将軍 SHOGUN」に出演し、米ゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞。一躍「国際派俳優」と呼ばれるようになった。

 そのほか、ドラマ「白い巨塔」「丘の上の向日葵」、NHK大河ドラマ「山河燃ゆ」などにも出演した。

島田陽子さん