福岡市中央区の商業施設「マークイズ福岡ももち」で2020年、面識のない女性=当時(21)=を刺殺したとして殺人罪などに問われた少年(17)の裁判員裁判判決で、福岡地裁は25日、求刑通り懲役10年以上15年以下の不定期刑を言い渡した。閉廷後、地裁近くにある弁護士会館の一室で開かれた記者会見で、殺害された女性の母親は、判決を「当然の結果だ」と述べる一方「10~15年は短いと思った」と複雑な心情を吐露した。