2022.07.25

一関学院、甲子園へ 高校野球岩手大会、盛岡中央下し12年ぶり

12年ぶりの優勝を果たし、マウンド付近で喜ぶ一関学院の選手たち=25日、盛岡市・県営球場
12年ぶりの優勝を果たし、マウンド付近で喜ぶ一関学院の選手たち=25日、盛岡市・県営球場

 第104回全国高校野球選手権岩手大会最終日は25日、盛岡市三ツ割の県営球場で決勝が行われ、一関学院が3―2で盛岡中央を下して優勝を飾り、12年ぶり7度目の甲子園切符をつかんだ。一関学院は8月6日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する全国高校野球選手権に本県代表として出場する。

◇      ◇

 号外「一関学院、甲子園へ」を電子新聞「岩手日報デジタル版」で配信しています。会員登録(無料)すると、閲覧できます。

 岩手日報デジタル版

号外はこちら

会員登録はこちら

◇      ◇

 詳報は、7月26日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク