ラグビーの15人制女子日本代表が23日、釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムで南アフリカ戦の前日練習を行った。10月開幕のワールドカップ(W杯)に向けた強化の一環で、国内では5年ぶりのテストマッチ。プロップ南主将(横河武蔵野)は「女子ラグビーの認知度はまだまだ低いと思うが、盛り上げていきたい」と語った。

 5月にオーストラリア代表を敵地で破って自信をつかんでおり、南は「成長段階にあると自分たちも感じているので、W杯まで成長し続けることを意識したい」と意欲十分だった。世界ランキングは日本が12位、南アフリカは13位。30日に埼玉・熊谷ラグビー場で第2戦が行われる。