二戸市の「金田一温泉博覧会 ユダオンパク2022」(同温泉まつり実行委主催)はメイン開催日の23日、カダルテラス金田一周辺を舞台に多彩なイベントが繰り広げられ、来場者が地域の魅力を楽しんだ。

 金田一温泉郷を流れる馬淵(まべち)川でのカヤックやテントサウナなどのさまざまな体験を実施。飲食ブースやキッチンカーが並び、ファーマーズマーケットも行われた。

 地元の金田一小5年生19人は特設ステージで、地域特産のリンゴや温泉、座敷わらし伝説などを紹介し、地域の魅力をPRした。吉田大斗(まさと)君は「上手に紹介できて良かった。温泉に入ると肌がつるつるになる。たくさんの人に来てほしい」と願った。