海水浴客の間近で泳ぐクジラ=22日午前、和歌山県太地町

 和歌山県太地町の海水浴場で22日、体長約3メートルの「ハナゴンドウ」クジラ2頭を放し、泳ぐ様子を間近に見ることができるイベント「くじらに出会える海水浴場」が始まった。町立くじらの博物館の飼育員がカヌーに乗ってクジラを誘導し、海中から顔を出すクジラに家族連れらが歓声を上げた。8月16日まで。

 博物館で飼育している2頭を期間中だけ海水浴場内のいけすに移し、午前11時からと午後1時からの1日2回、約15分間ずつ、いけすから入り江に放す。外洋に出ないよう網を張っている。

 堺市から家族と来た小学5年生は「すごく大きくて、かっこよかった」と喜んでいた。