奈良市の奈良公園に放たれた子ジカたち=22日午前

 奈良市の奈良公園に22日、今年に生まれ「奈良の鹿愛護会」が保護していた子ジカ80頭が放たれた。16日に放たれた46頭と合わせ、今年は計126頭が公園デビューを果たした。

 午前11時、公園内の保護施設「鹿苑」の門が開くと、母ジカが一斉に飛び出し、子ジカが恐る恐る後に続いた。鹿苑に戻ってしまう子ジカもいたが、母ジカの姿を見つけると元気よく駆け寄っていた。愛護会の山崎伸幸事務局長(60)は「交通事故に遭うことなくすくすくと育ってほしい」と笑顔で話した。

 奈良公園に生息する「奈良のシカ」は国の天然記念物。