芥川賞に決まった高瀬隼子さん(右)と、直木賞に決まった窪美澄さん=20日午後、東京都内のホテル

 第167回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が20日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は高瀬隼子さん(34)の「おいしいごはんが食べられますように」(「群像」1月号)に、直木賞は窪美澄さん(56)の「夜に星を放つ」(文芸春秋)に決まった。芥川賞は1935年の賞創設以来初めて候補者が全員女性で注目されていた。

 高瀬さんは「小説家になるのが夢だったが、芥川賞を取るとは思っていなかった。びっくりしている。『頑張れ』ということだと思う」と喜びのコメント。窪さんは「賞の名前に恥じないような良質な作品を次々と書いていきたい」と抱負を語った。