JR武雄温泉駅で行われた、在来線(右)から西九州新幹線への乗り換え試験=20日午後、佐賀県武雄市

 JR九州は20日、佐賀県武雄市の武雄温泉駅で、在来線と新幹線の乗り換え試験をし、9月23日の西九州新幹線開業に向け、乗り換え時の安全確保の手順や問題点を確認した。

 在来線と新幹線の乗り場は向かい合っており、距離は約10メートル。同社は乗客の乗り換え目標時間を3分としており、社員約300人が乗客役として、在来線車両から新幹線車両に移動した。車いす利用者の介助手順も確認。終了後、誘導役を務めた社員らが車両ドアへのスロープ設置や声がけのタイミングなどを話し合った。

 同社の担当者は「おおむね3分で乗り換えができた」と話した。