記者会見する伊藤詩織さん=20日午前、東京都内

 ジャーナリスト伊藤詩織さん(33)が2015年に元TBS記者から性被害を受けたと認定した民事訴訟の判決が今月の最高裁決定で確定したのを受け、20日に東京都内で記者会見し「5年間闘ってきた裁判が一つの区切りを迎えた。これで本当に気持ちを切り替えられる」と語った。

 確定した二審東京高裁判決は伊藤さんの性被害に関して元TBS記者に約332万円の損害賠償を命じる一方、伊藤さんにも著書などで相手の名誉を毀損したとして55万円の支払いを命令。最高裁が7日付で双方の上告を退けた。

 伊藤さんは実名で性暴力問題の深刻さを訴え、日本での「#MeToo」運動に影響を与えた。