2022.07.02

就労の喜び育む新事業所 遠野・NPO法人がきょう開所

多機能型事業所わの里を背に笑顔を見せる佐藤美保さん(左)
多機能型事業所わの里を背に笑顔を見せる佐藤美保さん(左)

 遠野市宮守町のNPO法人ワーカーズコープ遠野地域福祉事業所(今淵富士子所長)は2日、同町に障害者の就労支援や自立(生活)訓練を担う多機能型事業所わの里を開所する。

 地元生産組合との農福連携で農作業に取り組み、弁当の製造やカフェなどを展開。利用者が必要な技能やコミュニケーション力を育み、地域振興にもつなげる。

 就労継続支援B型の事業所は、わの里生活支援員の佐藤美保さん(60)の実家を改装。農村地帯の小高い丘にあり、納屋を活用した事務所は地域の若者がボランティアで塗装などを手伝った。母屋はカフェや厨房(ちゅうぼう)が入る予定で、今月中に改修を始める。

◇      ◇

 記事全文は、7月2日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞