記者会見するフィギュアスケート男子の羽生結弦。第一線を退く意向を表明した=19日午後、東京都内のホテル

 フィギュアスケート男子で2014年ソチ、18年平昌両冬季五輪王者の羽生結弦(27)=ANA=が19日、東京都内で記者会見し、第一線を退く意向を表明した。2月の北京五輪で3連覇を逃して4位に終わり、進退を明言していなかったが、五輪などの競技会に出場しないことを決断した。

 仙台市出身。4歳でスケートを始め、11年の東日本大震災で被災した逆境を乗り越え、ソチ五輪で同種目の日本勢初の金メダル。平昌五輪では同種目で66年ぶりの2連覇を達成し、冬季五輪金メダリストで初めて、国民栄誉賞を受賞した。