2025年の大阪・関西万博開幕まで千日となり、万博での実用化に注目が集まっている人を乗せて空を移動する「空飛ぶクルマ」のデモフライトが18日、兵庫県尼崎市の臨海地域で兵庫県や企業の関係者らに披露された。県によると、近畿地方では初の試験飛行。機体は約5・6メートル、高さ約1・7メートルで2人乗り。離着陸地点で高さ約30メートルまで上昇した後、飛行エリア内を約840メートルにわたり無人飛行した。