2022.07.18

盛岡の遺跡にローマガラス 「薬師社脇」の土坑墓で東北初

盛岡市浅岸で出土したガラス小玉。地中海周辺地域で生産された「ローマガラス」と推定される
盛岡市浅岸で出土したガラス小玉。地中海周辺地域で生産された「ローマガラス」と推定される

 盛岡市浅岸の薬師社脇遺跡の土坑墓から出土した「ガラス小玉」が、地中海周辺地域(当時は東ローマ帝国領内)で生産された「ローマガラス」だったと推定されることが、奈良文化財研究所の分析で明らかになった。同地域の特徴的な化学組成を示し、近畿地方では多く出土しているが、東北での確認は初めて。5世紀後半に海外交易の珍しい品が現在の本県まで届いていたことをうかがわせ、貴重な研究として注目されている。

 分析したのは同研究所の田村朋美主任研究員(保存科学、文化財科学)。盛岡市遺跡の学び館が所有するガラス小玉7点を蛍光エックス線分析したところ、1点が地中海周辺地域特有の鉱物「ナトロン」を原料にした可能性が高いソーダガラスと推定した。

 ガラス小玉は同市本宮の市遺跡の学び館で常設展示している。

◇      ◇

 記事全文は、7月18日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞