宮古市蟇目 宮古商工高3年 藤沢 真春(しゅん)さん

 東日本大震災の発生時は保育所で昼寝中で、大きな揺れに驚いて起きた。当時は地震も津波もよく知らず、ホールの照明が落ちたのを見て大変なことになったと思った。今は災害時に家族と安否確認できるよう小まめに携帯電話を充電している。新遊覧船「宮古うみねこ丸」の船名を考案した。船に乗って県外の人に宮古の良さを知ってもらい、復興が進むまちがよりにぎやかになってほしい。