京都・祇園祭は17日、ハイライトとなる前祭の「山鉾巡行」が行われ、装飾品に彩られた23基の山鉾が都大路を進んだ。巡行は新型コロナウイルス感染拡大の影響で昨年まで中止しており、3年ぶりの実施。「動く美術館」とも称される豪華な山鉾を一目見ようと、沿道は多くの人で埋め尽くされた。

 午前9時ごろ、笛やかね、太鼓で奏でる祇園ばやしの響きに包まれる中、先頭の長刀鉾が出発した。

 見せ場は四条河原町の交差点で鉾が90度の方向転換をする「辻回し」。車輪の下に竹を敷いて水をまき、引き手の男性らがかけ声に合わせて縄を引っ張ると、鉾はバリバリと音を立てて大きく向きを変えた。