囲碁の第7回扇興杯女流最強戦の本戦トーナメント決勝で初手を打つ仲邑菫二段(右)=17日午前、滋賀県東近江市

 囲碁の中学生棋士、仲邑菫二段(13)と牛栄子四段(23)が対戦する第7回扇興杯女流最強戦の本戦トーナメント決勝は17日、滋賀県東近江市で始まった。13歳4カ月の仲邑二段は最年少でのタイトル獲得が懸かる。

 現在の最年少記録は2014年、藤沢里菜二段(当時)が会津中央病院杯を制した15歳9カ月。

 午前9時、白番、黒番を決める「ニギリ」の結果、仲邑二段の黒番に。決戦の幕が開けた。

 扇興杯はトーナメント棋戦。決勝は1番勝負で争い、勝利した棋士が「扇興杯」のタイトルを獲得する。対局は持ち時間各3時間で行われ、同日夕に終局する見込み。