16日の県内は、前線や湿った空気の影響で局地的に激しい雨が降った。県南や沿岸南部で冠水や道路ののり面が崩れ、陸前高田市は一時、全域に避難指示を出した。17日も大雨となる所がある見込みで、川の増水や土砂災害に注意が要る。

 一関市花泉町では夏川があふれるなどし、田畑約100ヘクタールが冠水。市内では車1台が水没した。市は高齢者等避難情報を出し16日午後4時現在、27世帯が避難所に身を寄せる。

 盛岡地方気象台によると、15日午前0時の降り始めからの降水量は翌午後4時までに釜石172・5ミリ、一関・千厩170ミリ。17日午後6時までの24時間降水量は多い所で内陸、沿岸とも100ミリの予想。