15日の県内は暖かく湿った空気の影響で、県南を中心に激しい雨が降った。盛岡地方気象台は16日にかけて警報級の大雨となる恐れがあるとして、土砂災害や河川の増水などに警戒を呼びかけている。

 15日午後6時までの24時間降水量の最大値は一関・祭畤(まつるべ)48ミリ、奥州・若柳35・5ミリ、奥州・衣川33ミリ、金ケ崎32ミリなど。

 16日は、雷を伴い激しく降る所がある見込みで、予想される1時間降水量はいずれも多い所で、内陸と沿岸ともに40ミリ。同日午後6時までの予想24時間降水量はいずれも多い所で、内陸と沿岸ともに150ミリ。