2022.07.16

盛岡市立、シード校破る 高校野球岩手大会

盛岡市立-水沢工 2回表盛岡市立1死二塁、米田が左翼へ勝ち越しの2点本塁打を放ち、3-1とする=花巻
盛岡市立-水沢工 2回表盛岡市立1死二塁、米田が左翼へ勝ち越しの2点本塁打を放ち、3-1とする=花巻

 第104回全国高校野球選手権岩手大会第8日は15日、花巻市の花巻球場で2回戦1試合が行われ、盛岡市立は9-2の七回コールドでシード水沢工を下し、3回戦に駒を進めた。

 同球場で予定された残りの2試合と金ケ崎町のしんきん森山スタジアムで予定された2試合は雨天順延となった。

 第9日の16日は花巻としんきん森山の2球場で2回戦4試合を行う。

◇      ◇

 高校野球の試合結果は岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

 

<第8日>(7月15日)
◇2回戦

【花巻市・花巻球場】

▽第1試合
盛岡市立
122 301 0-9
101 000 0-2
水沢工
(七回コールド)
(盛)太布兵吾-伊藤奨悟
(水)安倍友基、森岡琉依-松戸佑晟
▽本塁打 米田藍斗、鈴木太陽(盛)
▽三塁打 米田藍斗(盛)遠藤海翔(水)
▽二塁打 吉田廉、伊藤奨悟(盛)

関連リンク