見頃を迎え、丘一面が鮮やかな紫色に染まったラベンダー畑を楽しむ観光客=15日、北海道中富良野町の観光農園「ファーム富田」

 北海道中富良野町で、ラベンダーが見頃を迎えた。観光農園「ファーム富田」では15日、丘一面を鮮やかな紫色が染め、周囲を柔らかい香りが包んだ。

 色の濃淡が異なる約6万株が咲き誇る。ファーム富田によると、今年は例年より開花が1週間ほど早いという。ラベンダーの他、赤のポピーや白のカスミソウなど、色とりどりの花々が丘を彩っている。

 友人と訪れた札幌市の20代女性は「初めて来たが、本物のラベンダーの香りにリラックスできた。芳香剤と違う」と満足そうに話していた。