花巻北高陸上競技部OB会(新渕久郎代表)は14日、陸上の世界選手権に出場する高橋英輝選手(富士通)と石川周平選手(同)を激励する懸垂幕を市に寄贈した。

 幅1・3メートル、縦7メートル。同校のスクールカラーであるえんじ色に「全力を尽くせ」の文字と両選手名を記す。

 関係者7人が市役所を訪れ、新渕代表(88)は「2人の活躍は誇り。全力を出し切ってほしい」と願い、上田東一市長は「暑い中のレースと思うが、活躍してほしい」と期待した。市役所本庁舎の入り口横に18日まで設置する。

 選手権は米オレゴン州が会場。高橋選手の20キロ競歩は15日(日本時間16日)、石川選手の110メートル障害予選は16日(同17日)に行われる。