盛岡地方気象台は、停滞する低気圧に暖かく湿った空気が流れ込むなどの影響で、15日から16日にかけて警報級の大雨となる恐れがあるとして県気象情報を出した。

 同気象台によると、15日午後6時までに予想される24時間降水量はいずれも多い所で内陸と沿岸南部50ミリ、沿岸北部30ミリ。16日午後6時までの予想24時間降水量は内陸、沿岸ともに100~150ミリ。同日は局地的に1時間に30ミリ以上の激しい雨の降る所がある見込み。

 内陸では15日昼過ぎから16日にかけて、沿岸では16日に警報級の大雨となる恐れがある。