安倍晋三元首相

 岸田文雄首相は14日の記者会見で、参院選の街頭演説中に銃撃を受け死去した安倍晋三元首相の葬儀について、秋に「国葬」として実施すると発表した。国葬を営むことを通じ「わが国は暴力に屈せず、民主主義を断固として守り抜く決意を示す」と強調した。首相経験者の国葬は1967年の吉田茂元首相以来で、極めて異例。一方、野党内からは「賛成の人ばかりではない」との指摘も出た。

 首相は「活力にあふれた日本を受け継ぎ、未来を切り開くという気持ちを世界に示す」と訴えた。吉田氏の国葬は、当時の佐藤栄作内閣の閣議決定による特例として行われた。