2022.07.14

さよなら極夜、また来年 極地ツイート(57)

まぶしい陽光を拝むのはおあずけとなった
まぶしい陽光を拝むのはおあずけとなった

 一日中太陽が昇らない「極夜(きょくや)」が13日、ようやく終わった。約1カ月半ぶりに日の光を浴びるはずだったが、あいにくの曇り空。まぶしい陽光を拝むのはおあずけとなった。

 午後0時5分、本来なら日の出の時刻。雲から光がこぼれただけだったが「ただ今、日の出。さよなら極夜。また来年」と無線連絡が流れた。気象隊員が気を利かせてくれたようだ。

 太陽の気配だけでもありがたさを感じられた瞬間。極夜を乗り越えたからこそ得られる心境だろう。

(国際部・菊池健生)

◇      ◇

 第63次南極観測越冬隊の活動は、岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク