政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会(尾身茂会長)は14日、人の移動が増える夏休みを前に東京都内で会合を開き、検査や医療体制など流行「第7波」への対策強化を巡って協議した。お盆期間中の無料検査拠点の整備やワクチン接種の推進、効果的な換気の方法がテーマとみられる。山際大志郎経済再生担当相は「現時点で新たな行動制限は考えていないが、ワクチン接種の促進や検査の活用などメリハリある対策で感染拡大に適切に対応する」と話した。