山上徹也容疑者

 安倍晋三元首相が銃撃され死亡した事件で、無職山上徹也容疑者(41)=殺人容疑で送検=が「最初は圧力鍋の爆弾をつくった」という趣旨の供述をしていることが14日、捜査関係者への取材で分かった。現場で見つかった手製銃とは別に自宅から同様の手製銃7丁が押収されており、うち1、2丁はつくりかけだった。奈良県警は殺傷能力が高い凶器をつくるため試行錯誤していたとみている。

 捜査関係者によると、山上容疑者は爆弾について「関係のない人を巻き込むのでやめた。標的を絞りやすい銃をつくった」と説明している。