2022.07.14

フリースクール、信頼の証し 盛岡ユースセンター、県内初取得

グッドガバナンス認証を取得した盛岡ユースセンターの(左から)又川俊三理事長、尾形岳彦センター長、スタッフの菅原瞳さん
グッドガバナンス認証を取得した盛岡ユースセンターの(左から)又川俊三理事長、尾形岳彦センター長、スタッフの菅原瞳さん

 盛岡市でフリースクールを運営する認定NPO法人盛岡ユースセンター(又川俊三理事長)は、非営利組織評価センター(東京)の「グッドガバナンス認証」を県内で初めて取得した。信頼性の裏付けとなり、財団などの助成や各種サービスを受けやすくなる。不登校の子どもたちへの公的支援が乏しい中、活動基盤の強化につなげる。

 同認証は非営利組織を客観的に評価し、NPO法人などの事業活性化を促すため2018年度にスタート。市民参加の度合いや財務・会計、社会への情報発信といった27基準で審査し、企業や行政と連携する際にも信頼性の指標となる。6月末現在で全国57団体が取得しており、3年ごとに更新が必要だ。

 盛岡ユースセンターは21年4月に申請。個人情報保護や文書管理の規定、不登校の子どもが増えている社会情勢を踏まえた中長期の事業計画などを1年以上かけて整え、今年6月に認証された。

◇      ◇

 記事全文は、7月14日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞