ウクライナ軍は12日、南部ヘルソン州ノバカホフカにあるロシア軍弾薬庫への11日の砲撃で、ロシア兵52人を殺害したと発表した。ロシア側は米国が供与した高機動ロケット砲システム「ハイマース」による攻撃だとし、6人が死亡したと説明。双方の主張は食い違っている。ロシア通信によると、ロシア側がヘルソン州制圧後、同州に一方的に設置した「軍民行政府」幹部は、ハイマースによる攻撃で硝酸塩の倉庫が爆発し、6人が死亡、7人が行方不明となり約90人が負傷したとしている。