大阪府の独自指標「大阪モデル」に基づく警戒水準引き上げを受け、黄色にライトアップされた大阪市浪速区の観光名所・通天閣=12日夕

 大阪府は12日、コロナ感染急拡大に伴い、府の独自指標「大阪モデル」に基づく警戒水準を引き上げたのを受け、大阪市浪速区の観光名所・通天閣を再び黄色にライトアップした。吉村洋文知事は流行「第7波」に入ったとの認識を示し、府民へ感染予防の徹底を呼びかけた。

 吉村氏は「感染は都心部でこれから右肩上がりに増えてくるだろう。どこまで拡大するか分からない」と府庁で記者団に語った。旅行需要回復に向けた地域ごとの旅行割引「ブロック割」を期限の14日をもって終了する考えも示した。

 府は11日、警戒水準を「警戒解除(緑信号)」から「警戒(黄信号)」に約2カ月ぶりに移行させた。