2022.07.12

父子でスタメン交換 及川彩子さんのMLBリポート

試合前に息子のタイラー(右から2人目)とメンバー表を交換したエンゼルスのネビン監督代行(同3人目)=本紙特派員・桜岡流星撮影
試合前に息子のタイラー(右から2人目)とメンバー表を交換したエンゼルスのネビン監督代行(同3人目)=本紙特派員・桜岡流星撮影

 エンジェルス対オリオールズの第3戦の試合前、エンジェスのネビン監督代行がオリオールズの野手で息子のタイラーとスタメン交換を行なった。

 がっちりと握手とハグをした2人に3万人を超える観客から温かい拍手が送られた。 

 大リーガーでは父子鷹が増えているが、父親の指揮するチームが、息子の所属チームと対戦するのは2017年以来、5年ぶりのこと。

 ちなみにネビン監督代行の出場停止処分が明けるのを待ってこの『粋な計らい』となったが、9番3塁に入ったタイラーが3回の第1打席に右前安打を放つと、ネビン監督代行は思わずダグアウトから身を乗り出して、少し困ったような苦笑いの表情に。

 試合後には「(息子の安打は)うれしかった」と父親の顔も見せた。

及川 彩子(おいかわ・あやこ)さんPROFILE
及川彩子

 米ニューヨーク在住。陸上、サッカー、ゴルフなどを幅広く取材するフリーライター。45歳。北上市出身。

◇      ◇

 岩手日報本紙では、及川彩子さんの記事を一日早くお楽しみいただけます。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞