2022.07.11

ファウルにはご用心 及川彩子さんのMLBリポート

 「ガシャッ」

 エンジェルス対オリオールズ第1戦、試合中の記者席で大きな音が鳴り響いた。前に座る日本人記者のパソコンにファールボールがぶつかった。

 その衝撃音に記者全員が驚き、凍りついた。

 オリオールズのカムデンヤーズの記者席はバックネット裏にある。ありがたいほどに素晴らしい眺望なのだが、難点が一つ。びっくりするくらいファールボールが飛んでくる。

 スコアやメモを書いたり、パソコンで球種や球速を確認したり、投球間にすることは多く、ボールからうっかり目を離してしまう記者にとって、この席は危険きわまりない。

 エンジェルス対オリオールズの第一戦で記者席に2球が飛び込んだほか、近場にもかなりの数が飛んできた。

 幸いなことにファールボールがぶつかったパソコンは少しへこんだものの、現在はまだ起動している様子で一安心だ。

 ちなみに記者席の前に座るファンが「ボールが来たら守ってあげるね」と言ってくれたが、先ほどからビールをがぶ飲みしているのであまり頼りにできない。

 2戦目は無事に切り抜けたが、とりあえず第4戦終了までファールボールに当たらずに過ごしたい。

及川 彩子(おいかわ・あやこ)さんPROFILE
及川彩子

 米ニューヨーク在住。陸上、サッカー、ゴルフなどを幅広く取材するフリーライター。45歳。北上市出身。

◇      ◇

 岩手日報本紙では、及川彩子さんの記事を一日早くお楽しみいただけます。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク