2022.07.10

真冬の七夕飾り 極地ツイート(55)

短冊には「ブリ(ブリザード)が来ませんように」「停電しませんように」など、切実な願いが並ぶ
短冊には「ブリ(ブリザード)が来ませんように」「停電しませんように」など、切実な願いが並ぶ

 昭和基地の食堂に七夕飾りが設置された。不要になった竹ぼうきを再利用し、高さ約2.5メートル。短冊には「ブリ(ブリザード)が来ませんように」「停電しませんように」など、切実な願いが並ぶ。

 7日はブリザードが襲来したため、天の川は拝めなかったが、調理隊員の香月雅司さん(41)=国立極地研究所、佐賀市出身=は「南極でも日本の伝統を感じられた」と真冬の七夕を楽しんだ。

(国際部・菊池健生)

◇      ◇

 第63次南極観測越冬隊の活動は、岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク