岩手日報社主催の第17回啄木・賢治のふるさと「岩手日報随筆賞」の入選者が決まりました。

 最優秀賞は、盛岡市南大通、佐藤淳子さん(62)の「例外の日」が選ばれました。優秀賞は、宮古市山口、井上葵さん(28)の「見つめ続ける目」、金ケ崎町西根、高橋嬢子さん(61)の「母とおにぎり」、盛岡市内丸、切替郁恵さん(33)の「香りを、纏って」の3編です。

 佳作は、宮古市藤原、中村清子さん(72)の「祖母と暮らして」、紫波町高水寺、蛇沢美鈴さん(44)の「ちいさな約束」、宮古市黒田町、北林紗季さん(22)の「私の帰る場所」の3編が選ばれました。

 今回の応募は97編。社内の予備選考を経た最終候補18編について選考委員の詩人城戸朱理さん(委員長、神奈川県鎌倉市、盛岡市出身)、作家平谷美樹さん(金ケ崎町)、絵本作家・エッセイスト澤口たまみさん(紫波町)が審査しました。

 贈呈式は16日午前11時から盛岡市愛宕下の盛岡グランドホテルで行います。最優秀賞は正賞のブロンズ像「星の雫」(照井栄さん制作)と賞状、賞金20万円、優秀賞は賞状と賞金5万円、佳作は賞状と賞金3万円がそれぞれ贈られます。

岩手日報社