2022.07.10

大谷、技巧派右腕に不発 及川彩子さんのMLBリポート

オリオールズ戦の3回、遊ゴロに倒れるエンゼルス・大谷翔平。投手ライルス=ボルティモア(共同)
オリオールズ戦の3回、遊ゴロに倒れるエンゼルス・大谷翔平。投手ライルス=ボルティモア(共同)

 敗戦が決まると、大谷翔平(花巻東高)はサバサバした表情でダグアウトから引き上げた。

 スライダー、チェンジアップ、カーブなど変化球を駆使する技巧派の右腕31歳ライルズを攻略できず、3打数無安打に終わった。

 立ち上がりは決して良くなかった。

 初回、制球難に苦しむライルズから、大谷はストレートの四球で出塁。その後、暴投や四球で2死満塁となったが、6番レンヒーフォが右飛で好機を生かせず無得点。

 その後、調子を取り戻したライルズにエンジェルス打線は苦しんだ。

 大谷は2打席目もチェンジアップを中心とした変化球攻めにあうと、6球目のアウトコースのチェンジアップを強振。

 抜けたかと思われたが、相手守備の大谷シフトにかかり、遊ゴロに。

 3打席目も同様で、2打席目とほぼ同じコースにきた初球のチェンジアップに手を出し、詰まったあたりで左飛に倒れた。

 「自分の持ち球と大谷の苦手な球種が一致していた」とライルズ。試合前にデータを分析し、捕手とともに大谷攻略方法を立てていたと話す。

 4対1と追いかける展開で迎えた4打席目は、3番手の左腕ペレスとの対戦。アウトコースのスライダーに全くタイミングが合わず空振り三振に終わると、大谷は思わず天を仰いだ。

 6日のマーリンズ戦の試合後に大谷は「打者として出場した際に勝ちに貢献できないことがあり、申し訳なさはある」と話していたが、この日も悔しい結果に終わった。

 ネビン監督代行は試合前に「皆、ショーヘイとマイク(トラウト)をプレーオフで見たいはずだ。勝ちが重なるタイミングは必ず来る」と話していたが、大谷、トラウトの2枚看板だけに頼っていては難しい状況が続くように感じる。

及川 彩子(おいかわ・あやこ)さんPROFILE
及川彩子

 米ニューヨーク在住。陸上、サッカー、ゴルフなどを幅広く取材するフリーライター。45歳。北上市出身。

◇      ◇

 岩手日報本紙では、及川彩子さんの記事を一日早くお楽しみいただけます。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞