花巻市大迫町のエーデルワイン(小田嶋善明社長)は29日、7月1日に発売する特別醸造限定品「五月長根リースリング・リオン 白 2021年産」の出発式を同社で行った。

 生産者ら約30人が出席。小田嶋社長が「ここ数年で格別の出来栄え。ワインを飲み、至福の時間を刻んでほしい」とあいさつし、テープカットで祝った。

 同ワインは1986年に初リリースし、37年目。大迫町産のブドウのみを使用している。750ミリリットルは2万本製造し、税別2270円。360ミリリットルは9千本製造し、同1250円。県内外の酒販店やスーパーなどで販売する。